参加と交流のひろば WEB版エリアニュース:神奈川県

横浜南1(西区、中区、磯子区、栄区)

【かながわ西区・中区】「非常時の食、考えてみましょう!」を開催しました♪ 開催日 9/5

2014年 9月15日

9月5日(金)横浜市技能文化会館にて、「非常時の食、考えてみましょう!」を開催しました。

講師は、コープ商品の知識が豊富でお話上手な草場さん。

防災月間の9月に合わせて、非常食の備え方や、家庭で出来る防災についてお話して下さいました。

草場さんは1995年の阪神淡路大震災を実際に体験されているので、実体験に基づいたお話はとても説得力がありました。

参加者は講師のお話を真剣に聞きながら、東日本大震災や広島の土砂災害、日常頻繁におこるゲリラ豪雨など、

各々家庭での備えが少し気になってきた様子。

家庭で必要な非常食は、7日分と言われています。飲料水は1日3L×7日分で、1Lのペットボトルが21本。

家族4人として人数分準備すると、なんと段ボールで7ケース!全部は無理でも、こんなに必要だと知っておくことが大事ですね。

講師は、ミネラルウォーター2ケースに加えて、野菜ジュースやイオン飲料も常備しているそうです。

他にも、自分の大好きな食べ物を備えると良いですね!

 

非常時の備えについて学んだ後は、缶詰を使って簡単レシピ。

サバ缶とクリームチーズのディップ、パイナップル缶とクリームチーズのディップ、

ミックスビーンズのサラダの3品を作りました。

「サバ缶とクリームチーズって、合うの?」と作る前は心配そうな声。

でも、実際に調理して、最後にレモンを絞ると、いい香り!

サバ缶特有のにおいが消えて、さっぱりとした味に仕上がりました。他のレシピも簡単で美味しいと大好評でした。

0905_2.JPG0905_1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんで試食をした後は、西区・中区エリア会からのお知らせです。

今回のオススメ品は、CO・OPクリームチーズ。

ニュージーランド産の原料を使い、あっさりとした味わいが特徴です。

酸味もまろやかでクセがないので、今回のように色々な食材と合わせてのディップもおすすめ。

ぜひお試しください!!

西区・中区エリアでは、今後も様々な企画を計画中です。

ぜひ皆さん、気軽にご参加くださいね!

0905_3.JPG

この記事に関するお問い合わせ・お申込み先

横浜南1エリア(西区、中区、磯子区、栄区)

〒235-0033横浜市磯子区杉田7-13-1 コープ杉田店内

電話:045-374-5540

FAX:045-374-5545

Web版エリアニュース お問い合わせ&お申し込みフォーム新規ウィンドウが開きます

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて